薄情なんかじゃない

 

先日、母の友人が亡くなった。

私も小さい頃からよく知っていて、その人は私を自分の子のように思ってくれていた。

もちろんだけど、悲しいし寂しい。

 

だけど、隣で嗚咽を漏らしながら目と鼻を真っ赤にさせて泣く母の隣で私は、なぜだかとても冷静になってしまって、大泣きできなかった。

後から母には冷たいだとか、フンてしてるだとか言われた。

 

全くそんなことはない。

だけど私は、ノルウェイの森で「人は死の中で生きている」(うろ覚え)という直子のセリフを読んでから、死ぬことについての意識が変わった。死ぬことは何も特別なことではない。タイミングなんて人それぞれで、いつ死ぬかなんて誰もわからなくて、年齢も性別も関係なくて、それでも生まれた人全員に、平等に訪れるものが死なんだと思っている。

母は死ぬことについて、順番があって、兆候のようなものがあるものだと多分考えている。だから自分の友人が死んでしまって、もうどうしようもないくらいに悲しんで落ち込んで、生活の何もかもが手付かずになってしまっているんだろう。

母はあれ以来、私に毎日友人との思い出を語るようになった。たまに同じ話もする。そういう時に支えてあげたり励ましてあげるのが優しさなのかもしれないが、私は自分の感情の処理を自分でできるような方法を覚えることも大事なんじゃないかと思ってしまった。もちろん最初の何日かは同情したし、私も悲しかったけれど、もうその期間は過ぎたんじゃないかと思う。それから私自身つい3日前くらいまで1カ月間ずっと忙しくて、やっと一休みできると思ったところに母の精神衛生を保つ為の娘でいなければならない(ような)状況が来てしまって、本当にしんどい。家に帰るのが辛い。やっぱり私は自己中心的なんだろうか。薄情なんだろうか。

 

私は私の精神衛生を保つためや、頭のキャパオーバーを消化するためにこうやってインターネットの波に文章をぶちこんだり、日記を書いたりしている。けど母は人に頼らない方法でそれらを処理する方法を知らない。辛いことを人に話すこともたまにあるけれど、それを何日も続けていちゃダメなんじゃないかと私は思ってしまう。自分の悲しみや苦しみや辛さを人に伝えて解決することって、実際あんまりないと思うから。それから自分の悲しみや苦しみを伝えて同情してもらうことより、面白いことや楽しい感情を共有したいと思うから。どうでもいいことで傷付いたことは話しちゃうけれど。

 

繰り返しになるけれど、結局私が大泣きできないのは、薄情者だからなんだろうか。最近ずっとこればかり考えている。亡くなってしまって悲しい、寂しい。一緒にお酒を飲みたかった。けれど人はみんな死ぬし、死んでいる時間の方が長いし、だから常に面白い方を選ぼうって私は思っているから、なんというか・・・悲しいな、でも私は死ぬまで生きるぞという気持ちが1番に湧いてくる。

 

は〜

MILKFEDとソフィアコッポラと

 

体調がおしまいになっていた時(今も完治してはない)、映画を観るほかにやっていたことといえば、ひと昔前のMILKFEDの洋服やカタログを探すことだった。

 

今でこそMILKFEDって女子大生御用達ブランドだけど、立ち上げたのソフィアコッポラとその友達だからね・・・ガールパワーの、ユースカルチャーの元にこのブランドはあるのよ・・・ロゴリュック背負ってるあの子、ロゴT着てるあの子、知っているのかな・・・。

と考えると少し寂しくなってしまうけど、ソフィアコッポラが関わってたのは2011年まで、今はもうビーズインターナショナルがほとんどを担っているんじゃないでしょうか。

 

高校生の時はMILKFED大好きだったけど、大学生になってからは一着も買ってない。最近のはなんかダサいというかかわいくないから。けどソフィアコッポラがデザインとかしてた頃の服をネットで探してたらもうどうにかしてその頃の服が欲しくなってしまって・・・メルカリで探したらありました。即買い、しかもすごく安かった。カタログとかも探してみると結構売ってるんだね。早く届かないかな。

 

 

最近はまた90年代の感じの格好をしたくてたまらなくなってる。リバイバルブーム来てるし、そんな探さなくてもそれっぽいデザインの服は買える・・・けど、その当時のやつを着たくなっちゃう。昔のX-girlとかもちょーかわいいもん。X-girlは今出てる90sぽいのとかすごいかわいいけど、パクリ(サンプリングではなく)も結構あってショック・・・。パクリといえば、CandyStripperも最近はドイヒー。

 

話は脱線してしまったけれど

どうしてこんなにも90sに惹かれるのでしょうか私は。自分が少し前〜生まれた少し後くらいのものが服に限らず好き。音楽とか雑誌とかも。

 

まあでも私が言いたいのは、MILKFED着てる女子大生のみなさんにソフィアコッポラのことを知ってもらいたいなということです。誰だよって感じだけど。

 

それから、

ソフィアコッポラが友達とMILKFEDを立ち上げた理由が、キムゴードンがX-girlをやってて面白そうだったかららしい。あとソフィアコッポラにヴァージンスーサイズの原作「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」をあげたのはサーストンムーアなんですって。誰かのブログの受け売りですけど。なるほど!へえ!すごい!と思った。

 

 

市川実和子と「立って死ね」

ここ3日間、体調がおしまいのおしまいになってしまったので一歩も外出していない。

体力的に何にもできないので、ベッドの中で映画を観るか漫画を読むか、インターネットしてるかで・・・おまけに鼻が詰まりすぎて何を食べてもほとんど味が分からなくて最悪です。

なんとか今日、やっと復活の兆しが見えてベットカバーやらシーツやらを洗濯しているところ。早くコーヒー&シガレッツしたい。

 

前置きが長くなりましたが、最近観た映画の感想。

 

コンセント/中原俊

田口ランディ原作の映画。

眠れなくてなんとなく流し見しようと思ってたんだけど、面白くって夢中になってた。登場人物のセリフのいい意味での無機質な感じと、あとカメラワークがめちゃくちゃ面白かった。三木聡的な何かを感じた。(不快にさせたらすみません)トイレでお兄ちゃんが迫ってくるところは、トレインスポッティングのあのシーンを思い出した。

あと、市川実和子がず〜っとかわいくて、とにかく最高。市川実和子市川実日子のどっちかが出てる作品観ると、あ〜実和子か実日子か迷いますねぇ〜と私の心の中のおっさんが、上から目線で勝手に悩み始めるんだけど、今回もそうだった。誰なんだ、一体。

ストーリーは、バカっぽいと思う。おもしろくてすごく好きなんだけど、登場人物全員少しずつおかしいので、ずっとおかしい。

 

中原俊監督を今まで知らなかったので調べてみたのだけれど、最近は映画とってないぽいですね。

ポルノ映画出身の方なのでラブシーンもそれなりにありますが、市川実和子がかわいいのでおすすめです!!!!

 

百円の恋/武正晴

最近の映画と思ったら3年前のだった。

安藤サクラ主演のあの映画です。悪くないんだけれど、長くね?っていう。観てる最中はそんな気全然しなかったからいいと思うんだけど、あの感じの映画なら一時間半でまとめた方がもっとぎゅっとしてていいのではと思ってしまった。

安藤サクラの目つきの悪さがいいです。あと最後の試合のシーンの、コーチの「立って死ね」というセリフがすごいよかった。立って死ね、そうだな。最後ハッピーエンドなのが腑に落ちない気もするし、主題歌クリープハイプより銀杏とかの方がいいのではと思ってしまったけれどこれは個人的な好みの問題でしょう。

試合シーンは本当によかったです。これ撮影期間2週間だったなんて・・・信じられない。

 

ていうかwiki見てたら森絵都原作のカラフルは、監督が中原俊で助監督が武正晴というなんとも私得な・・・。けど森絵都の作品を正常な気持ちで見れる気がしない・・・。

 

 

 

あとコーヒー&シガレッツも観たけどもうこれは今更感想なんてって感じなので。

ルネフレンチという女優は何度観ても美しい。若い時のブリジットバルドーにそっくり。やっぱりああいう髪型して、ふわっふわのモヘアセーター着たいな〜とか思っちゃう。