方言と逃げられない環境

最近、「そこのみにて光輝く」と「悪人」をやっと観たんだけど、

どうしてこういう、犯罪とかそれに関わる何かから逃げる映画の舞台は田舎なのか。

 

方言自体が哀愁の演出として使われているのか...(だとしたら失礼!)

都会だと逃げられないのか...

 

なんだかすごくモヤモヤした。

 

都会で逃げてる映画があったら教えてください。

 

あと「悪人」の妻夫木聡IWGPの次に好きレベルで好き...。

友人のふるさとへ

二ヶ月半ほど前、友人がこの世を去った。

大学時代の後輩だ。

 

その知らせを聞いた直後はうわーっと泣いてしまったけど、

それからは悲しくて涙が出るようなことは一度しかなかった。

 

悲しいと思う全然手前にいる感じだ。

 

私が大学卒業してから一度も会ってなかったし、

その子は出会いのきっかけだったサークルを、私が卒業した後に辞めている。

 

連絡は何回かとっていたし、コロナがなかったら遊んでただろうなとも思う。

 

このことを知っているのは周りのほんのわずかな数の友人だけだし、

今知っている人以外にはあまり口外しないようにも言われている。

だからあまり誰にも話せなくって、

なんとなく親にも話せていない。

 

地元の友人にはぽろっと言ったけど、話しながら違う世界の話をしているみたいに実感がなかった。友人 死んでしまった という言葉は口から出てくるけれど、意味を分かっていない感じ。

 

で、

明日、その友人の実家へサークル時代の人と行こうという話になっていたんだけど、今になってどうしようかと悩み始めてしまった。

 

ここのところ仕事がかなり忙しく、土日しか仕事以外のことを考えられなかったのもあって、急に現実が目の前に現れた感じ。

 

気持ち的にも行くのがこわいというのはあるんだけど

マナーもすごく気になっていて、、

49日が過ぎた今会いに行くのはどうなのか、

ぞろぞろと複数人で行って、ご両親はどう思うだろうか

その子はあまり実家に帰らなかったらしく、ご両親は大学時代の話を聞きたいと言っているらしいか、本当なのか

 

とかを色々考えてしまって、どうも行く気が起きない。

 

49日過ぎてるから、次会いに行くタイミングとしては一周忌が適切なのでは...と今更考えたり

ていうか、弔問に行くのについ昨日の夜まで喪服で行こうとしてた子もいたりしてふつーにゾッとしたし、

 

単に私がビビってるだけなのか...

 

なんか、胸騒ぎみたいなものがあるんだよな

どうしよう、、

 

会いたい気持ちはもちろんあるけど、行ってからこれで良かったのかとずっと考えるのも嫌だ

なら行かない方がいいのか、、

 

 

2046追記

やっぱ行かないことにした。

4人でゾロゾロいくものじゃないし、やっぱこのタイミングで行くの違うわ。

これを他の子にも言っていいものなのか否か。。

うみべの女の子

勢いで数年ぶりに読んだ。

丸2年くらいは読んでいなかったような気がする。

 

初めて読んだのはたしか中2で、2ちゃんねるで長くなくておもしろい漫画を教えて的なスレを読んでいて知った。

浅野いにおといえばソラニンとかプンプンとかで、、多分うみべの女の子は代表作ではない。

けど、間違いなく私の中では傑作だ。

 

初めて読んだ当時は、エロい!っていうのが大きくて、

いけないものを読んでいるような気持ちになった。親に見つかりたくない漫画ナンバーワンだった。

 

はっぴいえんどもなんとなく名前は知ってたけど、漫画に出てくるから聴いてみたくなってyoutubeで調べて

あーこれか、知ってる!ってなって

でも、なんか漫画のBGMにはならないくらい合わなくねって思ったのを覚えてる。

 

舞台は田舎で、私は都会に住んでるし

別にセフレもいなかったし、三崎先輩みたいな人もいなかったし、

何もかもが違うはずなのに、

小梅と自分を重ねて、勝手にめっちゃバッド入ってた。当時より今の方が全然バッド入った。

 

何が似てるって、儚い自分、かわいそうな自分に酔ってるとこよ。

 

今日久しぶりに読み返しても、やっぱりそうだった。

 

小梅のまじで最悪な部分、あとなんとなく楽しいわけでもないのに楽しそうに過ごすところとか、

すごい自分に似てると思った。

あともうひとついうと、彼氏から自分の趣味ばかりに関心を持たれてるところとか。

 

私の場合は元カレだけど、

結構長く付き合ってた相手とさあ別れようってなったとき、でもお前とは趣味が合うし・・・って言われて

ものすんごい違和感を抱いてて、なんなんだこれはって思ってたんだけど

大津くんが小梅の趣味の部分に興味を持っていたのと同じで、自分もそういう風に思われてたんだなってやっと分かった。

趣味にしか興味を抱いてもらえないような、薄っぺらな人間なのかなあ。しんど。。。

 

小梅って本当に最悪だし、磯辺とのことなんてすっかり忘れたふりして毎日過ごしていくんだろうけど

そこも私に似てる。

 

うみ、うみ、うみ

でっかいうみって、何?

 

小梅は大人になったら、うみの外に出られるの?

 

自分を見ているようでしんどい部分もあるけど

それでもずっと好きな漫画。

 

何度でも読み返したくなってしまう。

 

しんどいのに好きってなんだろうな・・・。