東京生まれ東京育ちという呪い

「東京生まれ東京育ちはいかれてるやつが多い」

この言葉を忘れられる日がくるのはいつになるだろう。どうでもいいと思える日はいつになるだろう。

この理由は、「いかれた街で暮らしてるんだから、そうなるだろ」とのこと。「いかれた街」というのは、例えば高速道路の目の前にある家とか、どこにでもコンビニがあるとか、そういうもの。

 

私は東京生まれで東京で育ってきて、当たり前だけど高校まで東京で生まれ育った人以外と接する機会はほとんどなかった。

そして大学に入り、それが、そして私自身が日本のうちの少数派だということに気づいた。だって東京の人口の約半分が地方出身者なんだもんね。そりゃそうだ。

 

そして大学に入りたくさんの地方出身者と出会い、

「東京生まれとかうらやましい」とか「これだから東京生まれは」とか、「いかれてるやつが多い」とか

東京生まれであることを理由に色々なことを言われてきたけど、

どれに対しても、仕方ないじゃんってずっと思ってきた。本当にずっと思ってきた。

自分の生まれる場所を選べて、なおかつ日本の各地方についての情報を生まれる前に知れるのなら、私は東京を選ぶか? 選ぶかもしれないけど、それならもっと東京生まれであることを誇りに思えるだろうし、仕方ない以外の理由を見つけられたと思う。

 

でもそうはいかないんだから、これに関しては仕方ないよ。

東京に生まれ育ち、高校まで東京に生まれ育った人と関わってきて、大学に入って東京で生まれ育った人が少数派だということを目の当たりにするショックよ。衝撃よ。

自分が日本の少数派で、しかもそれを理由に色々なことを言われる悔しさよ。

「いかれたやつが多い」といった人は、それが悪いとかどうこうってことではないし、そんなやつが嫌いだとかそういうことではないんだけどとは付け加えたけど、それでも私は悔しかったよ。悪口ではないと言われているのに、地方出身で上京した人が一番偉いのだという意味として受け取ってしまうよ。

私だってできることならそうしたかった。地方に生まれていたらきっと上京したいと思うだろうし、そこで地方の良さ、東京の良さ、そして両方の悪いところを知って、それから選びたかった。

 

これから社会人になって金銭面とか色々に余裕が出たら、実家を出ることも、東京を出ることもいくらでもできる。私がどこで生活しようと、そんなの社会人にもなれば私が決めることだ。私はやっとそこで、生活基盤の自由を得られるのかもしれない。

 

東京に生まれれば、多くの場合自動的に学生時代は東京で過ごすことになると思う。家族まるごとで移住するような大きなきっかけがない限り、そうだと思う。大学だって、多くの人は都内の大学に進むだろう。

でも地方の人は、大学入学を移住のきっかけにできることが多い。私は本当にそれが羨ましい。嫌味ではなく。それから東京生まれであることを理由に色々と言われないということも羨ましい。少なくとも私は、地方出身者に対してそれを理由に何かを言ったことはない。私自身が出身地を理由に何かを言われることが嫌いだから、他人にもしないというのもあるけれど。

 

それからこれを書いていて思い出すのは、田中慎弥の「共食い」のことだ。

これを読んで、血の繋がりや故郷というものに対して「呪い」を感じた。呪いは強いけれど、私はそういうものを振り切りたいと、初めて読んだ時に思った。

 

ここまで書いておいてという感じではあるけれど、呪いを解くためには行動しなければならないということももちろん感じている。仕方がないのはそうだけれど、いつまでもそう言っていればいいわけじゃない。近い将来ではないかもしれないが、住む場所なんていくらでも変えられる。親に対して「東京に生みやがって」とも、別に思わない。

ていうか悪口ではないと言われてるのに、ここまで書ける自分がウケる。それだけ劣等感を抱いているということです。

 

大学に入ってから、なんとなく私は東京に住み続けないような気がしている。

嫌いではないけど、ここに執着するほどの理由もない。東京に生まれたから、そのまま住んでいるだけだ。

将来はどこへ行こう。京都とかだろうか。

セカンドライフはどこでするってことを、私は結構考えている。