あの子になれたら

私は、自分の立ち居振る舞いにおいての失敗を許せない。

「あの時ああしていれば」とか「あの時ああしなければ」とか、そういうのが人と関わっている時間の分だけ増えてゆく。

 

「そういう自分も、自分として受け入れる」ことのできる人を、本当に尊敬している。

私だって自分を許したい。

 

「あの子みたいになれたら」って思うことがたくさんある。

「あの子」というのは特定の人物ではなくて、その時々によって違う。

ある場面では「あの子」で、また違う場面では違う「あの子」になる。

私は、他人のいいところだけを吸い込んだ人になりたいと思っているんだろう。

そんな人間存在するわけがないし、ずっといい感じの人なんて見たことないのに。ましてや私のような人間がそうなれるはずないのに。

 

人と関わるということは、誰かを許すということだ。多分だけど。

私は誰かに許されているのか。許されていないわけないのに、こう思ってしまうのはなぜか。

考え方を変えるのって、本当に難しい。

 

あ〜FUWAちゃんと友達になりたい〜。