読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに理由はいるか

 

きもめなタイトルですね。

 

好きなものの理由を考えるのって、難しいことじゃないですか。

好きになってすぐの頃ははっきりと分かっていたはずなのに、時間が経つとそれが曖昧になっていくような気がする。

じわっと染みが広がるような感じで好きというか。

 

例えば私がナンバーガールを好きな理由は、聞きすぎて分からなくなってきてしまった

ような気がする。

 

いや、明らかに他の音楽というか、他のバンドとは違うというか、どう考えても好きなんだけど、もう何回も何回も聞いたから疾走感には慣れているはずで。

始めはあの尖ったようなギターが大好きで聞いていたけど、他にも好きなところが増えてしまってそれらの境界線が曖昧になってしまったんだわ。 

点と点が繋がって、また増えて大きな染みになる感じで好きというか

 

この感覚を伝えたくて書いてみたんですけどどうです?

 

別にナンバーガールだけの話ではなく、好きになってしまったものって大体そう。なんとなく好きなものの理由はちゃんと言える、けどそれよりもっと好きなものの理由を言うのは難しい。

 

好きな理由がすぐに言えないもの程、私にとってはなくてはならないものなのかもしれないな。

好きな理由はもちろんあるけど、いつでも言葉や文にできる理由が先にあるわけじゃないかもなと最近思う。