読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子離れできない原因は私にも多分ある

ザ・雑記 人間関係

 

家に帰るなり、つきまとってという言葉がしっくりくるほど私の後をついてきて延々とくだらない話をする母。

内容がくだらなければくだらないほど、それでも私と会話がしたいんだなと思って少し悲しくなる。

 

確かに最近私はあんまり家にいない。

夜遅くまでどこかに出かけていたり、バイトしてたり。夜ご飯を家で食べることも少なくなった。

けど、大学生ってそういうものじゃないの?

自分が大学生だからどうしてもこっちよりの意見になってしまうけど、一人暮らししてる子だっているし、さすがに毎晩親と夜ご飯食べるっていう人は高校生までと比べて少ないでしょう。

 

母は未だに誰と遊ぶのか、どこに行くのか、何時に帰るのかすごく聞いてくる。

一番困るのは何時に帰るか聞かれること。終わりを予定して遊ぶことほど嫌なことはない。

 

けど、こうやって過干渉になっちゃって子離れできない原因には私のせいも多分あるんだろうと思う。

母はほとんど私と生活するためだけにもう何年も働いている。

だから自分の頑張っている目標である私が親から離れようとして過干渉になったり独占したくなる気持ちはわかる。せっかく時間とお金をかけて育ててきた子どもの生活の中心が家じゃなくなるのは寂しいでしょう。

 

けど、私の人生はあくまで私の人生なんだよってことを言いたい。こんなこと言えないけど。

母が知らない顔もたくさんあるんだよって、わかってもらいたい。

 

そのためにする手っ取り早い行動はなんとなくわかるし、それを実際この前やってみた。あの時どう思ったんだろう。

 

母の働く意味を私から少しづつずらしていかなきゃなと思う。

そのために・・・なんだろう、アイドルの追っかけとかしてほしいです。