読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚は人生においてノルマなのか

今週のお題「恋バナ」

 

甘くも酸っぱくもなくて恋バナと呼ぶには重々しさがありますが、タイトルの通りです。

私は結婚しなきゃ人生じゃないと思ったことはないし、結婚しないという選択をする人もたくさんいるでしょうと思ってます。人それぞれですからそれは。

 

でもうちの母親はもう何年も前から「結婚しない人はおかしい。離婚してもいいから一回くらいは結婚しないと変な人だと思われる。」と言います。

今日も夜ごはんの時にこういう話題になったんだけど、やっぱり私には理解できなかった。

私自身はそのうち結婚したいし、いつかは子どもが欲しいなだなんてぼんやりと考えていますが、それが人生において絶対的な正解だとは思ってないです。

むしろ、この時代に結婚しなきゃおかしいと思う人なんているのかとさえ思います。母のように結婚しない人=なにかが欠けてる人と認識する人って、もしかしてそう少なくないのかな・・・とも考えてしまうけど、実際のところどうなんでしょうか。

 

それから、結婚に至るまでのプロセスについても最近いろいろ考えてしまう。

母の周りでは婚活アプリを使っている人がすごく多い。25歳とかでも普通に使って、それで出会って付き合ったりしているらしい。

もう恋愛結婚なんて幻想なのかなと思ってしまうよね。

 

というかそもそも恋愛すること自体が夢っぽいしまぼろしだし奇跡なのかな。

でもまあ考えてみるとこれだけいろんな人間がいる中で自分の好きな人を見つけられて、しかもその人も自分を好きで、相思相愛になれるというのは馬鹿みたいに死ぬほどロマンチックだなと思う。

それが結婚に至るとすれば、前世で滅茶苦茶に徳を積んだか、来世で地獄のような人生を送るかどっちかってくらいにすごいことなんだよなあ。

 

そういう奇跡の下に自分があると思うとすご〜〜〜ってなる。

まあうちの母は離婚していますが。なのに結婚についてここまで拘りがあるのも本当によく分からない。拘ってはいるけれど、結婚体験はもう終了しているじゃないですかって思う。なのに「以前結婚していた」という事実がここまで母のプライド形成に関わっているというのも謎・・・。いやむしろこれだけ引きずれるってことはやっぱりいいことなんですかね。

 

私はまだまだ結婚には程遠いし、恋愛のことすらよくわかってないから、他人のデートの話を聞いてるだけでいいです。ポパイでデートスポットをチェックするくらいでいいです。そんなに興味はないけどな。