読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某有名会社で模試採点バイトをしたよ

ザ・雑記 労働

 

先日最終出勤を終えたので、体験記もどきブログでも書いてみようかと。

採点バイトを探してる人などのお役に立てれば幸いハッピーだよ。

なお個人の体験談、感想だからその辺は!!分かってよね!!!

 

採点バイトの主な業務内容

  • 採点
  • 採点
  • 採点

これだけです。本当にこれだけなんです。

採点バイトで有名な会社といえば2〜3つくらいあるんだけど、私のやっていたところは本当にこれだけ。他のところもそうじゃないかな。

 

業務はパソコンで行います。採点というと「赤○ン先生?」とよく言われるのですが、ペンは一切使いません。ひたすらにパソコンをファンクションキーをカタカタカタカタカタカタカタカタ・・・・8時間くらい叩くだけの簡単なお仕事です。

 

実際キツイの?

これは人による。

よるけど、まあキツイと感じる人の方が多いと思います。

 

エコノミー症候群にならないか心配だよ

割と広めの部屋の中にだーっと長机が向かい合わせで並べてあって、そこに置かれたパソコンの前にずらーっと人が座ってるのですが、とにかく狭い。一人分のスペースが狭い。これは私の会場だけかもしれないので何とも言えませんが、狭いというのは結構辛いです。

この前はふくよかな人(DJ LOVEくらいって言ったら分かりやすいんですか?え??)が後ろ通った時、頭に腹が当たってむかついたんですけど、そんなくらいの狭さです。

 

後ろも横も狭いんですけど、前にもスペースがないので足はのばせないし組めないし。基本的に休み時間以外ずっとイスに座っているのでめちゃくちゃに足が浮腫みます。スニーカーさえ夕方にはきつくなる程。

しかもイスっていうのも折りたたみのパイプイスをちょっと良くごまかした感じのやつなので、お尻が痛い。

 

コミュニケーションは基本0

人は周りにたくさんいるのに、声を発する機会はほとんどないです。

自分の担当する業務が終わった時、係の人にそれを伝えるて新しい業務くださいって言いに行くだけなので、発する言葉もほとんど一種類。

コミュニケーションが苦手な人にはおすすめできますが、私はどちらかというと黙々と一人で作業をするよりかは誰かと何かをやっていた方がバイトは楽に感じるタイプ(めちゃくちゃインドア派なのに)なので、そこは辛かったというかつまらなかった。

 

けどこの前たまたま大学の同じ学科の人を見つけて!!そんなに仲良くないのにめちゃくちゃ話しかけてしまった!!!それまで話したこともなかったのにごめん!!

 

PCメガネは必須

ないとブルーライトにやられます。

ずっとパソコンの画面を見ているので、とにかく目が疲れる。

ちなみにバイトの6〜7割くらいの人がPCメガネしてた。あれブルーライトが反射したりカラーグラスだったりするからすぐわかるよね。

今は手頃な値段でゲトれるのでおすすめです。

 

             

 

こんなのあるねアフィアフィ。

 

採点バイトのいいところ

いろいろキツイこともある反面、いいところももちろんあります。だからやるんです。

 

シフトの自由度が高い

一番のいいところはこれ。これも私がバイトした会社に限った話かもしれないのですが、とにかく自由。前日のお昼頃まで時間変更可能だし、1日2時間から勤務可能でした。採点期間内で、これくらいは出勤してくださいねという基準さえクリアすればオッケーなので、1日3時間ずつちょこちょこ働いたり、1日8時間がっつり働いたり、色々な働き方ができます。

 

いいところは以上です。

 

やってみた感想

大変だったけど、シフトがとにかく自由なのが良かった。

交通費が出ない、担当教科のリーダー的な人は絶対スクールカースト上位にいるタイプの人間だから怖い、隣の人のキーボードを押すテンションがずっとエンターキー、途中でめちゃくちゃ眠くなるからエナジードリンク漬けになる、採点スピードが遅いとパソコンの画面が黄色くなったり赤くなったりして無能なのがバレる(私はそんなにならなかったんだからな!)、一日中同じ作業を黙々と淡々と繰り返す、トイレに10分並ぶ、休憩で外に出る時エレベーターに長蛇の列ができるので地上に行くまで10分かかる、よくよく考えると時給が割にあってない気がする

ということを除けばとってもいいバイトだと思います!!!!

 

なのでまあ、やってみるのも楽しいかと思います。

話のタネにはなります。ブログのネタにもなります。

 

ただまたやるかと言われたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはちょっと考えます!!!!