ザ・雑記

MILKFEDとソフィアコッポラと

体調がおしまいになっていた時(今も完治してはない)、映画を観るほかにやっていたことといえば、ひと昔前のMILKFEDの洋服やカタログを探すことだった。 今でこそMILKFEDって女子大生御用達ブランドだけど、立ち上げたのソフィアコッポラとその友達だからね…

透明のフルーツゼリーが食べたい

どうせ鼻詰まってるから味なんて分からないんだけど、あのぷるぷるを喉に通したい。 もし今それを持って駆けつけてくれたなら、結婚しよっていうと思う。 そんなことあるわけないんだけど。 なんだか泣きたくなってきた。 いらぬことを考える時間を減らすた…

渋谷はお終いか?

toyokeizai.net はてなブックマークのトップページで、こんな記事を見つけた。 読んでて少し寂しい気持ちになったのは本当だし、私の知っている渋谷と今の渋谷に何となくギャップを感じていることは事実だ。 東洋経済の記事にもあるように、渋谷から発信され…

八月三十一日

今年も8月最後の日はとてもいい日だった。東京ではない場所で過ごした。 東京に戻ると、もう空気はすっかり秋で、ひっくり返った蝉さえ見当たらなかった。夜にはコオロギが鳴いていて、冷えた風が吹いている。 8月でもそういう日あったけれど、8月の夜に吹く…

ヴァイブレータを見た感想 それと夏休みのこと

廣木隆一監督のヴァイブレータを見た。 ああ見てよかったなあという映画だった。寺島しのぶはすごくきれいだし、大森南朋はかっこよかった。誰かがブログに書いていたけど、王子そのもの。王子という言葉がぴったり合う、そんな印象だった。 寺島しのぶがお…

ガールパワーの押し売り

最近、岡崎京子の漫画を読むのが辛くなってきた。彼女の漫画に出てくる女の子たちの強さに、私は負けてしまうからかもしれない。 女の子たちはみんな強い。私だったらもうこんなのおしまいになっちゃうってことでも、結構あっけらかんとしたような、または毅…

女の子はすごい

今かわいい女の子2人からかわいいラインが来てもう苦しいくらいに嬉しい 私と会うことを楽しみにしてくれてるのヤバすぎ 女の子、というかその子自体を私が好きだからこういう気持ちになれてるんだけど、にしても大切な存在すぎる 男とのことに悩んだり考え…

大事なものは大事にしろ

何にもしなくても大事にしてくれるのなんてせいぜい親くらいなのではないかと思う。 そんな、自分に無償の愛をくれるだろう存在の片方が私にはいない、というか言葉を変えればその人に捨てられた私は、多分同年代の周りの人より人を大事にする方法を少しだけ…

青春を取り戻すとは

私の好きな女の子が青春を取り戻すと題したイベントをやっている。 青春を取り戻す、きっとその子にとっての青春は過去にあるのでしょう。 私が青春を取り戻すとしたらと考えてみたけど、取り戻すというかそもそも過去にないなって思った。 私の青春は、きっ…

ひとりでかえる

ほとんど寝ないまま22時間遊んでしまったので本当に今きつい あの時帰ればよかったんだろうけど、家に帰ってちゃんとしていられるか不安すぎてだめだった 帰った後の気持ちのことを考えるとどうしても無理だった 昨日はなんか辛かった あーあ 今日明日頑張れ…

酒ハック

ストロングゼロを飲みながら片付けをするのかなりおすすめです 今ちょうどやってたんですけど、最高でした ストロングゼロのビターアップルを飲んで、スマパンを流しています。 あと生ハムを食べています。 ほんとおすすめです。 土曜だし。

アドレス教えて

小学校高学年とか中学生の頃って、男の子にアドレス聞くのでさえドキドキしてたなとふと思った。 ときめき的なドキドキではなくて、アドレス聞いたら好きって思われないかなみたいなやつで、だってそのくらいの年ってちょっと仲良くしただけですぐ誰が誰を好…

満月

なぜか読まず嫌いをしていた作家の一人であるよしもとばなな。 誰かのおすすめで白河夜船を読んで以来、何も嫌うことなんてなかったと思ってる。 さっき、たまに泣きながらキッチン2を読み終えたところ。 人が死ぬのに、なぜこんなに暖かい空気がこの小説に…

私が辞めてこなかったもの

・言葉を知る 普通に生活しているだけでも言葉は知れるし、言葉を以ってコミュニケーションをしているから言葉を知ることを辞めることの方が難しいけれど、私は自分の知らない言葉を見つけて覚えることを辞めてこなかった。何かを読んだり耳にしたりする中で…

人はみな違うよね

久しぶりに母とちゃんと話をして、今日はなんかすごく調子がいい。もうこんな時間になってしまったけれど。 私はよく、他人の気持ちが分からなくて1人で勝手にイライラしたり不安になったり悩んでしまうことがある。 けど、当たり前だけど人は誰一人として同…

ブラックボックス展は別に死ななくてもいい

ついに昨日展示最終日を迎えた、なかのひとよ主催のブラックボックス展。私は入場料がかかるアップデート前に行きました。 ネタバレ解禁になりツイッター等荒れ始めましたが、私としては面白い展示だったんじゃないかと思います。 空虚展のぱくりだとか色々…

自由とは選択肢があるということ

いつか村上龍がいってた。 私の自由は、家に帰ると確実に少なくなっている。 さっき初めてこの時間に外に出て煙草を吸った。 夜中に外に出ることも、煙草を吸うこともなにも法律に違反しているわけじゃない。 なのに、なんで私はあれほどにも緊張したんだろ…

奥渋谷でかなりこわいことをしています

ここ1年ぐらい話題のスポットとしていろんなメディアで紹介されていますよね、奥渋谷。 最近は毎週月曜日をこわいことをする曜日にしているので、今日もやってます。 ちなみに先週は最初はこわかった人に会って、洒落た一日を過ごしました。 おしゃれなカフ…

渋谷・紺色のカップ

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001169/ 渋谷のやばカルチャー喫茶こと茶亭 羽富に先日行きました。 そこはお客さんに合わせてカップを選んで出してくれるらしいんだけれど、私には紺色に孔雀が描かれたカップが出されました。 その日は特に自分…

私が1番苦手なこと

人を怒ったり注意したりすること その人が絶対間違ってても私はうんうん頷くことしかできない そりゃ犯罪とかは別だけど、私だけが困るような悪いことをされても私が我慢すればいっかってなる 私が1人で傷つくより、私が言ったことで誰かが傷つく方がよっぽ…

0506のにっき*

まず起きて ルンルンで新しい靴を履いて朝ごはんも食べずに外へ繰り出し 最初はスーパーでバイト先で食べるカップヌードルを買いに行ったはずがちっさいビールも買ってしまいテンション上がって飲みながらもう一つ先の駅にあるスーパーに行ってなんとなくア…

どうして私はリンネル系の人が嫌いなのか

エコとかロハスとかオーガニックとかって、お金と時間と自分に余裕がある人しかできなくて それを実践したりすることがさも正義かのように振舞っているからなのかもしれない ていうかそもそもそういう辺りの人たちのフッションが苦手 無印良品みたいなコット…

インスタのストーリーにブーメランでピッピとのツーショをアップして〜な〜

タイトルは私が一生やらないことです。 さて、祝日も終わりましたね。 激混みの都会はなかなか嫌な感じでした。ゴールデンウィークが終わるのは嬉しいです。 ここ最近いろいろあって自分の生活領域にどんどん新しいものが侵入してきていたのでしんどくなって…

ゴールデンウィークらしいこと何もしてません

らしいって何だ?どこかへ出かけることか? 今行ったってどこもかしこも混んでいるから別に行きたくない。だからほとんどバイトを入れてしまった。 私は大都会の飲食店でアルバイトをしている。 わざわざここに来る人もいるくらいの、そういう感じの店でバイ…

フリルに興味がなくなってよかったのかもしれない

高校生の頃はたまのバイトで稼いだお金をMILKやKatieに行って使うのが自分への最高のご褒美だったけれど、 もうきっと私はMILKやKatieではお洋服を買わないだろう。 でもこういうかわいい世界を教えてくれたロリィタの友達、 下妻物語と嶽本野ばら、Zipper、…

保険かけとかなきゃって言われても

さっき母に 「大学の生協で保険のパンフレットとってきてよ、万が一死んだら学費免除になるやつの」と言われた。 「ああうん」って返したけど ああうんって感じでは全然ないよ。 あと2年以内にいなくなるってこと? 頼れる人のいない私にどうしろと 親戚だっ…

当たり前なんて存在しないのかもしれない

大学の授業も始まり、いよいよ春です。4コマ出るつもりが、まだ1コマしか出られていませんがやる気はすごくあります。 最近あまりブログを更新できていませんでしたが、それはとてつもなく忙しかったからです。新歓期間だったこの一週間くらいの睡眠時間の累…

電話したら開口一番「ヘラってんの?」って言われてうけた

メンヘラなの?という意ですが そんなことはないと自分では思っています。 でも昨日の記事みたいな、ああいう感情を誰しもが持っているものだとはあんまり思ってないです。 最近、幸せな時間を過ごしすぎた。だから何もない普通の日がひどく寂しくて孤独で辛…

相席屋に行ってやろうかと思ってしまう

よく行くあそこでビールとつまみを頼む 出入り口に近いわけではないけれど、そこから直線上にある席だから外の風が太ももに当たる 60デニールのタイツ 防寒にはならない 甘くてパイプタバコの味がするやつを吸う 今日はライターを忘れてしまった レジ脇にあ…

十代 The End

毎日歳をとる 今より若い瞬間はない ということに気付いた五年前くらいからは、十代を思う存分に生きれたというか、過ごせたような気がする。 取り急ぎですが、そういうことです。 何にも変わらないけど、それは日々の変化を自覚できているからなのかもしれ…